サイトマップ   お問い合わせ

Powered by NeptuneLabs



FSI Viewerは、Adobe社のFlashで開発され、iseemedia社の「ImageServer」から配信された2D・3D画像を閲覧するためのビューアです。ダイヤルアップの環境でも、高解像度の画像を閲覧することができます。

9月1日: 新機能を追加しました!サンプルはこちら

サンプルギャラリー はこちら


画像の上でクリックすると拡大できます。 をクリックすると画像の移動ができます。 をクリックすると3D画像を回転させることができます。


FSI Viewerの基本の機能


FSI Viewer の利用方法

主な特徴
プラグイン不要:
98%のパソコンにインストールされているAdobe社のFlashRを使用しているため、Windows, Macintosh, Linuxなど
  多くOSとブラウザに対応しています。

ズーム:
iseemedia社のImageServerを利用しているのでデータサイズが大きくても、ダイヤルアップの環境でズームして見る
  ことができます。
スムーズなズームが可能。

操作性:
ナビゲーションウィンドーがあるため、画像内のどこを見ているのかが一目でわかります。
わかりやすいインターフェース。
マウスオーバーでボタンの説明が表示されます(カスタマイズも可能。

その他:
画像の縦回転。インターネットでの高解像度画像では初!!いろいろな角度から閲覧する必要のある間取り図や地図や
  部品の画像などを閲覧 するために回転機能は有効です。
クライアントのPC環境を選ばない。
Windows CE、Windows Mobileにも対応。

iseemediaのビューアとの違い:
初期表示のスピードアップ! (150%-200%)
画像の縦回転
ローディングバーの表示
ナビゲーションウィンドーの表示
ツールバーの表示/非表示ボタン

QUICK LINKS:

本製品のカタログのダウンロードは こちら
お問合せはこちら!!

NeptuneLabsについて
FSI ViewerFSI Pagesは、NeptuneLabs社(ドイツ)によって開発されました。主にAdobe社のFlashなどを利用したWebコンテンツ向けのソフトウェアソリューションの開発を行っています。NeptuneLabs社の考えは、作業の軽減とWebサイトのインパクトを強めることです。

www.neptunelabs.com